TMO構想!
 庄内町では中心市街地の活性化を図るため、町民、商業者、商工会、関係団体等と連携しながら、快適で安全な市街地の整備改善や、多様化する住民ニーズに応じた商業等の活性化を一体的に推進し、活力あるまちづくりの実現を目指しています。
 そのため、
「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律(略称:中心市街地整備改善活性化法、平成10年7月)」に基づき、平成15年3月「余目町(現庄内町)中心市街地活性化基本計画」を策定しました。

 この基本計画の具現化を図るため、国や山形県の総合的な支援を受けながら、
商業等の活性化事業を中心として、本町の中心市街地のまちづくりを推進することが必要となっています。
 そのようなことから、活性化に関わる計画等を具体化していくために、TMOが中心となって、
町民、商業者、商工会、行政が連携して取り組む事業などをTMO構想としてまとめます。
TMOが活性化の取り組みを行う区域は、庄内町中心市街地活性化基本計画に示されている中心市街地全域です。
     TMO事業におけるテーマは庄内町TMO構想策定委員会での検討を踏まえて以下のように設定します
新駅の整備とともに周辺市街地を一体的に整備し、町と中心市街地のイメージを形成する新たな顔づくりを目指します。
駅舎を中心とした範囲を、「広域交通と情報発信ゾーン」「公的施設ゾーン」「商業・飲食・宿泊ゾーン」「緑と花のゾーン」の4つのゾーン(区域)に分け、相互の連携を図り、一体的なまちづくりを目指します。
全国でも有数の米づくりや花づくりが盛んである本町の特性を活かして、新たな魅力づくりや、都市と農村の交流などをすすめ、米を活かした特産づくり等により、「米のルーツ、米の郷あまるめ」「花のまち」としてのイメージアップを図ります。
商業者相互のコンセンサスを図るとともに、地域住民、新規商業者などと連携し、庄内町の特性に応じた活力づくりを進め、中心市街地の活性化を目指します。
歩道整備や憩いの空間づくり、統一感のある景観づくり等を総合的に進め、住む人、商業を営む人はもとより、中心市街地を訪れる人だれもが、快適に買物や回遊のできるまちづくりを目指します。
中心市街地では、単に商品を売るだけでなく、町民の活動拠点として、イベントやサービスを充実させ、機能性の高い魅力的なまちづくりを目指します。